信用情報機関についての理解が大切です

銀行系のカードローンは元々の銀行融資金額が大きく、提示利率が低いこともあり、まとめローンとして利用する方が多くいます。
元々カードローンは現金融資を目的としたローン契約なのですが、その際には申し込みを行う金融機関独自の審査を行う事ができます。
これがどういうことなのかと言うと、先ずは信用情報機関についての正しい理解が必要となってきます。
銀行系に限らずにローンの利用を行う際には申し込みのあと審査をして契約という流れを全てクリアすることで申込者が使用することができます。
申し込みから審査を行う際には、金融機関が申し込みを行った人の信用情報というものを信用情報機関にて紹介する形になります。
銀行系のカードローンを申し込む場合は、銀行系の信用情報を紹介される形になり、この情報は株式会社日本信用情報機構(JICC)と言う所に登録されています。
この会社は個人の信用情報のうちで銀行系だけではなく、信販会社や消費者金融・流通系・リース会社など幅広い業種の会社の信用情報を取り扱っています。
通販の分割払いなど普通に考えただけでは分からないような、子会社やグループ会社などの関係性も合わせると思わぬ会社も登録していることがあります。
なので、自分が銀行系のローンの申し込みをした際も審査会社の方としては他の会社の信用情報も合わせてみる形になるので、単純な現金の借り入れだけではなく他の支払いについても審査に影響する場合があるので注意が必要です。
仮に、これが銀行系以外の会社にて申し込みを行った場合もJICCに登録している会社であれば同様のことが言えます。
なので、もしも自分が借り入れの一本化という事で申し込みを行う際には、その他の借り入れなども申し込みには正直に記入しておく必要があります。
また、信用情報機関では単純な踏み倒しだけではなく、一定日数が経過した遅延情報についても記録されています。
なので、これら登録しているであろう業者とは普段の支払いについても滞りなくしておく必要があります。
登録している期間も5年間とかなり長いあいだ登録されています。
中には、まとめローンを利用した際にクレジットのショッピング枠も含めて利用する場合にキャッシングとショッピングの審査機関は違うのでは無いかと勘違いをする方もいます。
これは、キャッシングとショッピングで制約される法律が異なるだけで、借り入れの審査状況については同じ信用情報機関にて登録されているので、結局は簡単にバレてしまいます。

もしも仮にこれらの信用情報を自分で確認したいという場合は、来店・郵送・携帯電話を使用などの本人確認を行うことで自分の信用情報を確認することができます。
ただ、カードローンの審査状況というのはこれらの信用情報を元に各金融機関で独自の審査を行っていくということになります。
なので、これらの状況が全てクリアなので確実に融資を実行してくれるのかというと確約出来ることではありません。

 

 

利子も安くなり返済しやすい、おまとめローン

今複数の会社に支払いがある方もいると思いますが、毎月の支払が大変だと感じている方もいるでしょう。
その金額や借り方にもよりますが、例えば10万円や30万円ずつ5社から借り入れをして返済するのと、1社にまとめて120万円などを返済する方が実は毎月の支払金額が安くなります。
これは今契約を行っているカードローンの会社にもより、金利は細かく違っています。
少しずつ借り入れをして高い利子を支払うよりも、効率がよくなるので便利です。
もし今、返済に困っている場合には、おまとめローンを検討をしてみましょう。
会社にもよりますが、ホームページに掲載している金利をみて、自分の借入額と照らし合わせることによってお得になるかどうかを知ることができます。
中には返済額がどのくらいになるのか、シミュレーションを行ってくれるようなサイトもありますので、まずは利用してみましょう。
こういったシミュレーションは申し込みの必要がまったくなく、簡単な情報を入力するだけでまず確かめる事ができるので安心です。
金額にもよりますが、毎月の支払が1万円近くも変わってくる場合もあります。
もし今の生活費が1万円変わってくるだけでも嬉しいと、お金に困っている場合には助かるでしょう。
この方法を行うには、店舗に行ってから手続きを行う事もできるのですが、その他にインターネットからも申し込みができる時代です。
聞きたい事がいっぱいある場合などはお店で担当の方に話を聞きながら行うと安心ですが、逆に仕事などが忙しく空いた時間に手続きをしたいという方は、インターネットからの申し込みが良いでしょう。
パソコンに限らずスマートフォンやタブレット端末からでも申し込みができますので、移動時間で少し余裕ある時間を利用する事もできます。
おまとめの時には100万円以下や300万円以下など金額が少し大きい場合でも、年収確認書類が不要な事もあります。
普通お金を借りようとすると、大抵は50万円以上借りる時はこの収入確認書類が必要になる場合もあるのですが、300万円以下になっていると大きい金額をまとめたい方もそういった書類を取り寄せる手間がなくなるというメリットがあります。
そして必要書類が特に不要なので、何度もお店に足を運ぶ事がなく、スピーディーに手続きを終わらせる事ができます。

業者毎に条件というものが決まっていますので、まずは自分が該当するかどうかも確認しましょう。
だいたいが安定した継続的な収入がある事や、もし銀行などもおまとめを行うのであれば、そこの口座を持っている事が条件となっている場合があります。
もし口座を持っていない場合には、事前に時間がある時に用意しておくとその後の手続きがスムーズに感じるでしょう。
返済が楽になる事で、お金の返済計画よりもさらに早めに返せるようになった時などは、その業者によって増額返済を行う事ができるところもあります。
今までよりも返済しやすくなるだけでなく、早く借りているお金を返す事もできますので安心です。

 

複数のローンはまとめるのがポイントです

カードローンは、急な出費で不足した生活費の足しや、趣味など自由に使えるようになっています。
しかし、家族の入院などでお金の不足が長期に亘り、複数の業者からお金を借りている方にとって、毎月の返済は本当に苦しい事ですよね。
返済している会社によって支払日が違うので、その返済期日を守るためスケジュール管理はしているものの、だんだん分からなくなってしまう。
しかも、振り込む際にはそれぞれ振込手数料もかかってきますし、とにかく返済期日は守ろうと思って返済しているので金利だけの金額でやっと、とても元金を減らすまで返済がいっていない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういった方にはおまとめローンが有効です。
そもそも借り入れは、小さな金額よりも大きな借り入れのほうが契約のうえでは金利は低くなります。
ですから借り入れを一つにすることで金利が下がって利息分の負担が軽くなるのです。
また、複数の借り入れがあると、返済にかける手間や振り込みで返済するときに発生する手数料も減りますので、おまとめすることのメリットはとても魅力的だといえます。
返済に行き詰まりを感じてきたら、迷わず早目にこのおまとめローンを検討することをおすすめします。
もし、返済が遅れてしまうような事故を起こしてしまうと、どの業者も次の借り入れを躊躇してしまう可能性が大きいからです。
きちんと返済が出来ているうちに次の方法を考えておけば、何かとスムーズに決断することができるはずです。
実際に借り換えを検討するときは、申し込みをする前にじっくり金融機関の商品を比較して調べておくとよいでしょう。
ただ適当に決めて申し込んでしまうと、やっぱりローンを変更しなければよかったと後悔することにもなりかねないからです。
カードローンには必ず審査があります。
この審査基準は一般に情報が公開されていませんので、いろいろな情報が飛び交っているものの正確なところは不明です。
ただ、ホームページにおまとめが出来ることを明記されている企業は、出来る可能性はあると思われます。

しかしながら、最終的には申し込みをしてみなければ審査が通るかどうかは分かりません。
ただし、申し込みの時は一点注意が必要です。
続けて3社を超える申し込みして、信用情報機関にその情報が登録されると融資に対する大きなマイナスとなってしまいますので、それ以上は控えましょう。
申し込みのポイントとしては、年収、借入件数と金額は過少申告せず、正しい情報を記載することです。
すべて審査を行えばすぐに嘘をついたことが分かってしまいますので、必ず正直に申告しましょう。
自宅や勤務先の住所や電話番号などの記入ミスはしないでください。
これも虚偽の報告として審査が通らなくなる原因になります。
また、重要なのはこれまで返済期日までに返済が出来ているかどうかが審査の重要なポイントになると言われています。
もしそのような事故を起こしていた場合、今後も同じトラブルを招く恐れがあるとみなされるからです。
日頃から返済の遅れは絶対に起こさない覚悟が必要です。
複数のカードローン返済をおまとめローンにすることのメリットは非常に大きいです。
返済の金額だけでなく、日頃の気持ちもきっと楽になることでしょう。